本文へスキップ
ドイツ、中欧のワイン探訪記

電話でのお問い合わせはTEL.042-563-8967

〒208-0013 東京都武蔵村山市大南3-134-15


  サムライ・ピアノビルダーのワイン探訪記

サムライ・ピアノビルダーがピアノ探しの合間に立ち寄ったワイン生産地の風景写真集。現地のワインや料理等を御紹介。

ドイツワインは北緯48から度50度、ワイン生産の北限域。日差しの強い南欧諸国と異なる生産方法で丹精込めたワインを生産されています。

ドイツのワイン産地と特徴

太陽の恵みともいえるワインですが、ガイゼンハイム・ワイン大学のプロフェッサー・ベッカーの言葉を借りると『ワインはその昔、常に宗教上の神秘的飲み物であった。』とコメントされています。また、訪日の経験もある氏は、日本人は自然と植物とのつながりをもっていて、自然の産物のワインを愛するようになるのは、ごく自然と語られています。この点については管理人妙に共感する所です。

ビールと違い、ワイン用のブドウ栽培に適した土地を持たないと、良いワインを造れない事になります。EUにはワイン法があり、更にドイツ独自の規定も有ります。日本ではワイン法というものがそもそも存在しないので、各酒造会社の自己基準でワインが造られますので、例えば食用の巨峰やベリーAで作ったワインや、原料が輸入果樹やヨーロッパ以外の輸入ワインブレンドといった事があるわけです。


どこでも良いという事でなく、旧西ドイツ時代はライン河本支流で国土の西南部。そこに11の生産地が有りました。統一後は東部ドイツの二つが加わって現在は13カ所。

ライン中流域の北から1) アール、2) ミッテル・ライン、3) モーゼル、4) ラインガウ、5) ナーエ、6) ライン・ヘッセン、7) ヘシッシュ・ベルクシュトラーセ、8) ライン・プァルツ、9) バーデン。
10) ネッカー川のヴュルテンベルク、11) マイン川のフランケン、東部ドイツはエルベ河系の、12) ザーレ・ウンストルート、13) 最小で最北のザクセンが上げられます。

この13の産地は、 Qualitätswein bestimmter Anbaugebiete と呼ばれるカテゴリーで、ドイツでは略してQbA(クー・ベー・アー)、日本では上級ワインと紹介されるています。
いう公的に許可され検査のに合格してA.P-Nummerを与えられた



南欧諸国に比して日差しが弱いドイツでは、大生産地のラインヘッセンやラインプァルツを除くと、斜面の葡萄栽培が中心です。斜面と平地では15〜20%程日射の影響が強く、ブドウ栽培には適しているという事です。

ラインワインの北限は Königswinter というボンの南辺りです。自家製ワインを提供している所も幾つかあります。サムライ管理人の友人父君はこの町に住み、ピアノビルダーでワイン愛好家。ショップはNRW州の某所に構えていましたが、現在はリタイア。
父君は赤ワインが好みで、地元の赤ワインはお気に召さず、アウトバーンを一寸利用して50q走った別の産地にワインを仕入れに出かけます。

そこがライン支流アール川です。








ワイン大学のプロフェッサー・ベッカーの言葉を借りると『ワインはその昔、常に宗教上の神秘的飲み物であった。』とコメントされています。また、訪日の経験もある氏は、日本人は自然と植物とのつながりをもっていて、自然の産物のワインを愛するようになるのは、ごく自然と語られています。

ワインの場合はビールと違い、ブドウ栽培に適した場所が良いワインを造る条件になりますので、どこでも良いという事でなく、旧西ドイツ時代はライン河本支流で国土の西南部。そこに11の生産地が有りました。統一後はエルベ河系の二つが加わって現在は13カ所。

ライン中流域の北から1) アール、2) ミッテル・ライン、3) モーゼル、4) ラインガウ、5) ナーエ、6) ライン・ヘッセン、7) ヘシッシュ・ベルクシュトラーセ、8) ライン・プァルツ、9) バーデン。



南欧諸国に比して日差しが弱いドイツでは、大生産地のラインヘッセンやラインプァルツを除くと、斜面の葡萄栽培が中心です。斜面と平地では15〜20%程日射の影響が強く、ブドウ栽培には適しているという事です。

ラインワインの北限は Königswinter というボンの南辺りです。自家製ワインを提供している所も幾つかあります。サムライ管理人の友人父君はこの町に住み、ピアノビルダーでワイン愛好家。ショップはNRW州の某所に構えていましたが、現在はリタイア。
父君は赤ワインが好みで、地元の赤ワインはお気に召さず、アウトバーンを一寸利用して50q走った別の産地にワインを仕入れに出かけます。

そこがライン支流アール川です。









news新着情報

20**年*月*日
○○○○○○○○を更新しました。
20**年*月*日
○○新聞に「○○○○○○」が掲載されました。
20**年*月*日
サイトをオープンしました。

shop info店舗情報

ピアノハウス ハントケルナー

〒208-0013
東京都武蔵村山市大南3-134-15
TEL.042-563-8967