本文へスキップ

        

電話でのお問い合わせはTEL.042-563-8967

〒208-0013 東京都武蔵村山市大南3-134-15





    調律・修理補修もピアノビルダーならではの側面からサポートします。

ピアノハウス・ハントケルナーは、欧州の各拠点から保存状態の良いピアノを輸入しているミニ商社。ドイツ名匠の本場技術を継承、修理・補修スキルも直輸入。一寸こだわりのある工房件店舗です。当店は音の小箱、生涯の友に出会えるかもしれません。この扉をあけてみませんか?

直輸入したピアノは国内市場に合わせ、ドイツの名匠から学んだ伝統的工法で自己再整備。ピアノビルダーならではのコンディションにリビルド。固体毎の響きや鍵盤からの反応は、御自身でお確かめください。

御提案しているピアノは、ドイツピアノ市場で評価の高い銘柄。20世紀中盤以降の中堅クラス以上のピアノがメイン。大半旧西ドイツ製で、東欧圏の物は扱いません。メーカーやモデル毎、或いは各時代別で差があり、選別は経験によるものですが、現地のピアノビルダーと意見が変わらない事から、基準はズレの無いものでといえるでしょう。


News 最近の内部補修

補修画像を紹介します。

1)長年の使用でハンマーと棒の接着部が10本程ぐらついてしまいまったグランドピアノ。その内一本は、棒の裂け割れがあり、うまくはぎ合わせて復旧。その場では出来ないので持ち帰りです。


2)成人の音楽家二名で酷使され、ハンマーが40本程グラついてしまったアップライト。再接着等の補修は一日で終わりましたが、その日の演奏は出来ません。


3)納品から12年、メカニック関節と鍵盤にグラつきが出ているので、入院です。鍵盤は出張時に補修、内部は特にハンマー関節の大半に問題あり、分解して点検の必要があります。再組立後に再調整も必要なので時間は要します。定期調律の範囲では手が回らないダンパー関連も点検します。
納品から7年を過ぎると部品の色々な摩滅変化が出てきます。買い換えないなら、少しづつ補修の手を入れ、延命措
置する必要があります。

new item

パラレルレッグモデル PF-AbN

アンティークブラウン仕上、脚部が細らず並行で強い作り。ベルベット張、ジャーマン・ウォルナット材。

21世紀デザイン RS-LnS

ワンタッチで緩やかに高さが変わる新規格のシステムを搭載。不特定な方が利用する所では有効なアイテム。
本革シート仕様ヨーロピアン・ビーチ材。





音質優れる20世紀中期のピアノ

黄金時代のグロトリアン小型ピアノ
☆グロトリアン・シュタインヴェーク110

交差支柱、モダンタイプのシンプルなアメリカン・ウォルナット材、黄金期1950年代末の製造。アジア製コンパクトは、音質・音量もコンパクトですが、此方は音量はそれらの120㎝クラス以上。保存良好の為に音質も明るく、都心部のお部屋にもマッチングします。御予算200万円以下の方にお勧めです。


美しい杢理と窓枠のある限定生産のピアノ

商品イメージ

☆プァイファー112AD-FN

AD仕様は1990年代迄受注生産、通常はオーク材。本器はウォールナット外装ですが、フランス東部からスイスに跨るジュラ山脈の美しいクルミ材外装です。北米産の物より高価で複雑な色合いが特徴です。
中古市場には殆どお目にかかれないプレミアムなイメージは前オーナーの嗜好。御予算200万円代前半の方にお勧め。

商品イメージ

☆プァイファー116TM-S

116TMはブラウン仕上、マホガニー無垢材をを多用した贅沢なピアノ。極僅か生産された特別モデルの一台。リボン杢のマホガニー材を額縁風に貼り、メイプルの枠象嵌で飾ったデザイン。屋根も棚も無垢材で囲んで段差加工。
腕木の彫刻もマホガニー材を掘り下げたものです。御予算300万円代前半の方にお勧め。



限られたスペースにもマッチ、重厚な音質のピアノ

商品イメージ

☆プァイファー118、ソリッドケース

Dr.プァイファーが21世紀に送り出した遺産とされるソリッドケースモデル118。化粧材ピアノとは別の趣、深みのある響き。新しい中型ピアノを検討されている方に御提案です。
華麗な外装材をまとうピアノとは正反対。チェンバロの時代は、外装材に使われた木材を響板の様に貼り合わせ、上下パネルは鋤下げ彫が施されています。白木仕上のケースは、本体全体に響きわたり、稀有なピアノです。
アンティークスタイルの本革張専用椅子を御用意しています。御予算400万円代の方向き。

商品イメージ

☆ベヒシュタインK-158

ベヒシュタインのマスターモデル、21世紀初期迄生産された総アグラフ小型グランドK-158 は、カール・ベヒシュタインの遺産ともいえるピアノ。
ブラウン鏡面仕上で、リボン杢が縞模様に表れた外装は、旧オーナーの注文品。通常見る物より品位の高い外装。音量十分、透明感のある音は、印象派もバロックも良し。

180~190㎝クラスのアジア製からダウンサイジングしたい方に最適です。下取歓迎、御予算税込500万円代の方にお勧め。



特別生産の個性的な杢理が目を惹く21世のピアノ

商品イメージ

☆シュタイングレーバー122T

グランドピアノは置けないが、新しい個性的な木目のピアノを置きたいという方にお勧め。シュタイングレーバーのカタログに記載の無い特別外装材、独得な杢理にオレンジ・赤・紫等が絡んで美しい。シュタイングレーバー東日本展示30周年記念の特別外装、モデル専用本革張ピアノ椅子を御用意しています。御予算600万円未満御希望の方向き。

商品イメージ

☆ベーゼンドルファー130CL

アップライト年産数10台、そのうち殆どがブラック・ポリッシュ。大半が欧州・北米への納品、木目生産は極僅か。その中でも本器は特殊な部位の華麗な外装、ワインレッド鏡面仕上。現在税込約1,000万円程のプライスをお得な御予算で。
本革張純正椅子を御用意しています。


☆主な取扱



プァィファー(Carl A.Pfeiffer)
シュタイングレーバー(Steingaeber&Söhne)
アウグスト・フェァシュター(AUGUST FÖRSTER、統一ドイツ1992年以降)
ファツィオリ(FAZIOLI:伊)
スタインウェイ(Steinaway:独)
ベーゼンドルファー(Bösendorfer)等の上位オーストリア製ピアノ
良き時代のグロトリアン・シュタインヴェーク(Grotrian-Steinweg)
イーバッハ(Ibach1991年迄)
ベヒシュタイン(C.Bechstein独、モデル8/11/グランドピアノK、L等)

他シートマイヤー(Schiedmayer1982年迄)、フォイリヒ(Feurich2004年迄)、オイテルペ(Euterpe)、ヘーゲレ(Haegele)等中堅クラスのヴィンテージ物。



店舗概要

事業所名
ピアノハウス ハントケルナー  Pianohaus Handkerner
所在地
〒208-0013 東京都武蔵村山市大南3-134-15 TEL. 042-563-8967   
設立 1991年3月
極東地域初のPfeiffer社ディーラーとなる。 Steingraeber&Söhne August Försterの展示販売 。
経緯 1993年3月
ヨーロッパ製ピアノ椅子オーダー販売開始。新品国内メーカーのディアパソン、クロイツェルを展示販売。
1994年3月   
ドイツ語圏に良質のヴィンテージを求めて、ピアノ探しの旅が始まる。新旧の小型ドイツ製ピアノを中心に展示販売。
1995年10月 27日
楽器フェアー(池袋サンシャイン60)にて、クロイツェル・ブラッシュアップモデルを出展。各ディーラーから好評が寄せられる。故ホロヴィッツの専属ピアノ技師M氏より称賛を受ける。以降スキルを活かした補修・ブラッシュアップ・修理業務も意欲的に従事。

2004年6月
ヨーロッパの小物販売を始める。
2018年11月11日
サイトをリニューアル。別サイトhadkerner.pianohaus.netは現在お休み中、好評のビールの旅は新規格で続行予定です。
2021年2月1日
出合と風景ビールの旅、Ver.2 Open 休止中の別サイトhadkerner.pianohaus.netにて順次更新公開。100種を超える各地のビールを紹介。ワインの旅は各地を巡るpart2を予定中。
2021年3月23日
新ページ『欧州のピアノ工場と修理工房』に作業風景や年代物ピアノ画像をアップ。

バナースペース









shop info店舗情報

ピアノハウス ハントケルナー

〒208-0013
東京都武蔵村山市大南3-134-15
TEL.042-563-8967
御来店は事前連絡をお願いしてます