本文へスキップ

各地の麦酒巡りに御案内します。

電話でのお問い合わせはTEL.042-563-8967

〒208-0013 東京都武蔵村山市大南3-134-15

  出合と風景 / ビールの旅

ピアノハウス・ハントケルナーでは、開業直後からドイツ語圏にピアノ探しの旅を続けています。地元の飲食文化に触れる機会も多くなります。

家業とは関係ないジャンルですが、ここでは主にビールにスポットを当て、風景を交え各地の料理等飲食文化を御紹介しようと思います。



バイエルン州ミュンヘンのビール祭りオクトバーフェストが有名なので、ビールの中心地はミュンヘンかと思うかもしれません。
実は、バイエルンでもビールの中心地は、一寸マイナーな北部フランケン地方。大穀倉地帯であることに加え、豊かな自然からの水の恵みがあり、中小含めてドイツビール醸造業者の三分の一が、この地域に存在するという事です。

ドイツ人とビールは生活の一部で、切り離せない物です。世界の個人別ビール消費量が多いところは、チェコ・オーストリア・ドイツ・エストニア・アイルランドというヨーロッパ諸国があげられ、デンマークも消費量は多いと聞きます。
さぁ、各地を巡るビールの旅の出かけてみましょう‼

ドイツビールの種類


ドイツはマイクロブルワリーが各地に点在し、地ビール生産が盛んです。北から南まで千数百の醸造所があり、銘柄は四千とも五千ともききます。管理人が保有する銘柄デジカメ画像は僅か百数十程度ですので、それ以前も含めて実際にいただいたビールは200種にも届かないと思います。それでも大体の地域色は掴めてきました。

現在のドイツビール種類は、醸造方法で大別すると上面発酵(エールビール)と下面発酵(ラガービール)。ビール純粋令が厳守されているドイツでは、国外製品の様にコンスターチや香料、果汁は入れてはいけない事になっています。この中にも焙煎方法や仕込具合で色も異なり、加えて非加熱、酵母無濾過という物もあるので、多様です。

EUになる前は、ベルギーや日本・アメリカの付加物の入った物は、ビールではないとまでいわれていましたが、現在は緩和され、酒屋さんの店頭にも並んでいます。

冷蔵の技術がなかった頃、ビール醸造は常温で造られたので、酵母が麦汁上面で発酵していました。これを上面発酵ビール、又はエールビールといいます。移動と長期保存に適さないので、現在の様に輸出されることもなく、地元で消費される物でした。

エールビールも地域色があり、中西部ではケルシュやアルト、バイエルンでは小麦比率50%以上のヴァイスビールがあります。このビールは他地域でヴァイスと名乗れず、『Weizen』ヴァイツェンと表記しなければなりません。小麦ビールは濁りが強く、透明なビールを見慣れた方には別な飲み物に見えます。

酵母濾過をしたものはクリスタル・ヴァイツェンといい、南部ドイツのマイクロブルワリーでは主流ではありませんが、量産系ビール会社や他地域では生産されています。


愛飲家の中では、ビーア・ライゼといって麦酒を飲み歩く小旅行をする方がいますが、特別な事ではありません。古い製法のエールビール生産比率は約35%、ラガー約65%。これらを楽しむ呑み助旅です。

近年世界市場の主流は、麦汁の下面で発酵させるピルスナー(ラガー)ビールで占められています。下面発酵のビールは、1842年にチェコのピルゼン(独名)で出来たとされる歴史的には新参のビールです。

当時ピルゼンのビール品質はおもわしくなく、バイエルン醸造家のヨーゼフ・グロルを迎い入れ、冷涼な地方に適した下面発酵ビールが成功した事からピルスナーと呼ばれるようになり、これがラガービールの始まりです。

国内のラガービールは透き通っていますが、ドイツのマイクロブルワリーで作られる物は、ラガーでも酵母を濾過しない物が有りますので、濁りが有ります。日本酒でいうどぶろくの様なビールです。

酵母濾過しないと味が変化する為、やはり地元でいただくビールになります。大手の量産ラガーは輸出もされるので、私達が知っている透き通ったビールです。

ドイツの友人の話では、我々が良くビールを飲む国民(個人年間約100~110L)と言われているけれども、隣のチェコの連中は1.5倍位多いからね!これは何を意味するのか判りませんが、それほどでもないよとでも言いたいのでしょうか?

因みに日本の個人年間消費量は、約40Lという事です。昨今彼らの消費量は健康志向の高まりで、ノンアルコールビールへも目を向けられて、チェコ並みの消費量からぐっと落ちているそうです。又、アルコールを抑えたライトビールも流通しています。

所により、マイクロブルワリーでもスタンド売りがあり、リーズナブルにビールを楽しめるところも有ります。


商品イメージ

ライカイム・ピルス

バイエルン・フランケン地方ブルククンシュタットのマイクロブルワリー、ブラウハウス・ライカイム。
濁りのある無濾過のピルスナー

商品イメージ

シュレンケルラ・ラウホビール

ヘラー醸造所、燻製香のある独特なビール。フランケン地方バンベルクのラウホビール大手。

2019年1月6日
好評の出合と風景ビールの旅は、ホームぺージ再構築の為休止中でした。ver2として再登場。

shop info店舗情報

ピアノハウス ハントケルナーピアノハウス ハントケルナー

〒208-0013
東京都武蔵村山市大南3-134-15
TEL.042-563-8967